プロジェクションマッピングならアシュラスコープ

ASHURASCOPE INSTALLATION Co.LTD



プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングとは近年注目を集めている映像表現の一つです。この技術はプロジェクターなどを用いて様々な物体をスクリーンにして映像を映し出します。そのスクリーンとなる物体は大きなものでは建築物などから小さなものでは花や靴などありとあらゆる物を対象とし、自動車や木々、人間など今まででは映像コンテンツとの融合が考えられなかったものにまでおよびます。そしてその応用範囲はコンサートや演劇、企業のプロモーション、映像作品などの空間演出とし無限大の可能性を秘めています。
 アシュラスコープは15年以上前よりこの技術を発案・提唱し取組んできました。現在では複数プロジェクターによる多方向からのプロジェクションプロジェクター設置位置の自由度向上・観測位置の変換、マッピング時間短縮などのオリジナル技術を有しております。もちろんインタラクティブ要素の研究や web との連動、空間デザインとしてグラフィック・建築・造形物と映像の融合の研究に力を入れ、人々を魅了しクライントの目的を達成する企画とそれを実現する良質なコンテンツの制作を心がけております。

プロジェクションマッピングの進化系「メディアリウム」

当社のスタッフは建築空間デザイン・グラフィック・DJで実務を積んできた者です。そして機材選定・スクリーンデザイン・映像制作からオペレーションまで行える、つまりこの技法に関する全てを熟知したプロジェクションマッピングのプロフェッショナルです。様々なものをスクリーンとして利用する技術だからこそ、その対象物をよく知り、さらに言えばその物が制作できる技術・知識を持つことがこの手法において重要であり、ハードとソフト両面からのアプローチが可能な知識が、様々な企画とコンテンツの創造に必要だと考えております。
 そのような観点から従来の巨大スクリーン型ではなく、より体感できるものとして『メディアリウム』を提唱し活動をおこなっております。

 当社が制作した事例は、公開が難しいものも多いのですが、クライアント様のご好意により可能な限り現場の写真を掲載しております。この技法を独自に考え制作してきたものとして、近年国内外での盛り上がりを嬉しく思い、日本での実施が増え多くの人にプロジェクションマッピングの魅力を伝えたいという気持ちで立ち上げた会社ですので、疑問点や必要な情報等ございましたらお気軽にお問い合わせ頂ければ嬉しく思います。

株式会社 アシュラスコープインスタレーション

→NEWS

制作事例