▶︎プロジェクションマッピングの進化系「Mediarium (メディアリウム)」を 「藤城清治美術館 那須高原」 へ提供

株式会社アシュラスコープインスタレーション(以下 アシュラスコープ)は、2013年6月15日にグランドオープンした「藤城清治美術館 那須高原」へ、プロジェクションマッピングの進化系「Mediarium (メディアリウム)」(同社により開発中)を用いた常設展示コンテンツを提供した。


【藤城清治美術館 那須高原での「Mediarium(メディアリウム)」】

 この常設展示は、日本を代表する影絵作家・藤城清治氏とアシュラスコープで共同制作されたもの。
影絵のようなグラフィックを映像と融合させる技術(アシュラスコープの特許技術)を用いた、プロジェクションマッピングの進化系である「Mediarium (メディアリウム)」が使用されている。
天井や床などに空間的に施すことで、同氏の作品の中に足を踏み入れたような演出になっている。

 足元の水たまりを覗きこむと、同氏の作品がゆらめきながら映り込む。上方からの投映により、手をかざすと自分の影が作品の中に入りこんだようにも見え、思わず水たまりに飛び込む子どもの姿もあった。

 斜め天井を見上げれば、大きな天窓の向こうにメルヘンの世界が広がり、窓の外からそよ風や風船が室内に流れ込んでくるような演出が。それと向かい合うように映し出された大きな木では、うつりかわる季節とともに小人たちが楽器を奏でている。

 藤城清治氏のアトリエを再現した上階へ案内してくれるのは、猫のあしあと。何もない所にいつの間にか現れる猫のあしあとは、猫好きな同氏を知るファンからの評判も高い。上階のアトリエでは、影絵になる前の線画に投映することで、構想が作品として結実し、広がっていく様子が表現されている。

 「Mediarium(メディアリウム)は、影絵などの平面的な作品と親和性の高い表現が可能なため、「静止した作品」に込められた作家の世界観を生かしながら、「動きのある作品」へと昇華させたものとなっている。これらの作品は常設展示となっており、同氏の作品と同じように来場者にいつでも公開されている。

→藤城清治美術館 那須高原 公式サイト