▶︎エンターテイメントビジネス 2013年10月号

 “人を楽しませ、満足させる”新たなビジネスモデルの解説を行なう専門雑誌『エンターテイメントビジネス』にて特別企画が組まれ、4ページにわたり掲載されました。

 代表・秋葉のインタビューでは、現在多く存在する「企画とプロジェクションマッピングが連動していないイベント」を指摘。これからのプロジェクションマッピングに求められる「映像空間の感動体験」を提唱しました。