About MEDIARIUM

メディアリウムの技術力とは?

 

メディアリウムのスクリーンデザイン・設置設営工事

プロジェクションの為の造形スクリーン

 私たちは、投影する映像だけでなく、投影先のスクリーンとなる物のデザインも行います。企画やコンテンツをより魅力的なものにするためには、スクリーンとなる物体が重要です。建築デザインの経験から、投影のスクリーンとなる物体の設計デザインをおこない、会場の広さや明るさ、コンテンツの内容を踏まえ設計し、物体としても魅力的なものにします。

 また、映像とスクリーンとなる物体がズレていると非常に目立つため、映像だけでなくスクリーンとなる物体も正確な寸法で製作することも重要なポイントです。そのため、CADソフトを使用した正確な寸法でのデザインを行なっています。
 プロジェクションマッピングはスクリーンそのものが立体のために、それに投影した映像が3D映像に見える技術です。つまりスクリーン形状によりコンテンツそのものさえも決まって来てしまいます。造形作家の目をもった映像クリエーター、映像クリエーターのセンスをもった造形作家のような空間クリエーターでないと魅力的なコンテンツはできません。

 

スクリーン素材でコンテンツは変わる

 同じ映像でも、投映するスクリーン素材により大きく表情を変えます。
 反射素材や透過素材、透過性の違いなどによって映像の見え方は大きく変化します。下の実験ではフレームに紗膜を張ったキューブを積んだものをスクリーンにしています。フレーム部分に投影された場合は通常の投映と変わりませんが、その他の部分に投映された映像は紗幕を透過し、前後左右の紗幕に映像が映ります。この効果により非常に立体感・浮遊感のあるものとなっています。

 

スクリーン制作/制作監修/現場監修/設置設営工事

わずかなズレ・凹凸がクオリティを左右する

デザインだけでなく、スクリーンの製作や監修も行います。これはスクリーンに映像をマッピングした時に、僅かな凹凸でも影が発生し最終クオリティに大きく影響するからです。そこで実際の製作から責任をもって行うことで最高のクオリティを保証するものです。
もちろん現場での取り付け方法なども大事です。時間の経過によってマッピングがズレを生じてきたり、数センチ間違った場所にプロジェクターを設置したことで、映像の質が大きく低下したり、最悪の場合は影の発生やスクリーンに映像があたらない部分がでてしまします。
このような経験から可能な限り現場にはいり、クオリティ維持を心がけています。

 

システムセットアップ/映像マッピング(当社独自技術)

独自のマッピング技術で時間短縮しつつも画質向上を実現

 独自のマッピング技術により、常設時に高額で取り扱いの難しい機材を使用しないため、機材費の大幅な削減に加え、運営の簡便性も向上させています。さらにイベント時でも、高精度な事前シミュレーションによってマッピング調整時間が最大80%短縮され、会場費の節減など様々なメリットがうまれます。また、スケジューラーの使用や遠隔でのコンテンツ変更など、運営に適したシステムをご案内しています。

 


▶プロジェクションマッピングとの違いは「プロジェクションマッピング技術」をご覧ください。
▶︎実施のご依頼前に / プランの比較
お問い合わせ
▶︎TOP