【Study】UCRF主催 音響に関するセミナーへ参加!

 代表 秋葉が会員である、UCRF(超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム)が
主催するセミナーに、社員全員で参加いたしました。

 今回のテーマは、「超臨場感音響コンテンツにおける空間のデザイン−響きと方向の活用−」。
「音響」にまつわるスペシャリスト3名の講演では、今後の制作に活用できる
貴重なヒントが詰まっていて、貴重な機会となりました!

・オンフューチャー株式会社 中原氏による、
「音響理論を活用したインタラクティブリバーブの設計」
従来の音響理論ではなしえなかった、空間環境ごとに反射する各情報をパラメータ化し、
リバーブを自動生成する設計方法をご紹介いただきました。

・株式会社カプコン 岸氏による、
「インタラクティブリバーブのビデオゲームへの実装」
最新のゲームオーディオ制作の現状や、ゲーム内環境に適したインタラクティブリバーブを
導入する必要性をお話いただきました。

・NHK 佐々木氏による、
「22.2マルチチャンネル音響専用スタジオにおける番組制作」
マルチサラウンドシステムを可能にする環境について、スピーカー構造や、
また、現場で使用されているソフトや機材をお教えいただきました。

定期的に開催されるこのようなセミナーでは、弊社秋葉も講演させていただいております!