About projectionmapping

詳しく知りたいプロジェクションマッピング

※このページでは参考として他社の事例もご紹介しています。

 

様々な用途で高い演出性とインパクトをあたえる表現方法

 プロジェクションマッピングとはプロジェクターを用いて空間と映像を合成し新しいの空間演出をするものです。映像や音を投映物と合成・同期させ、商業施設・イベントの空間演出やインフォメーション・コマーシャルなど様々な用途に高い演出性とインパクトをあたえます。

プロジェクションマッピング定義

 現在ワイドショーやニュースサイトで、プロジェクションマッピングとして紹介されている事例が多くありますが、実はプロジェクションマッピングの範疇外である場合もあります。

▲ Coca Cola 125th Anniversary Celebration
建物の表面に白いスクリーンを張ることで、建物へのプロジェクションマッピングというより巨大な多面スクリーンとしている。

 

 

 現在、多くの人の認識では、プロジェクションマッピングとは「映像を立体に投映する」ということだと思われています。建物にプロジェクターで投映すればプロジェクションマッピングだと思っている方も少なくありません。
 しかし、これは「プロジェクション=只の投影」で、本来重要な「マッピング」つまりスクリーンと映像の対応付けがありません。どこまでスクリーンの材質や形状を活かした投映表現になっているかが、プロジェクションマッピングの質だと言っていいでしょう。

 また、現在行われているものは、映画や演劇のように観客を会場に集めてコンテンツを見せる「鑑賞型」のものが多くなっていますが、プロジェクションマッピングの本質を考えると応用範囲は無限にあり、多くの分野での活用が考えられます。


いままでの投影と何が違うのか?最新技術ではない?

 3D マッピング、プロジェクトマッピング、3D ビデオマッピングなど様々な名称で呼ばれます。
この技術はプロジェクターなどを用いて様々な物体をスクリーンにして映像を映し出します。そのスクリーンとなる物体は大きなものでは建築物などから小さなものでは花や靴などありとあらゆる物を対象とし、自動車や木々、人間まで、今まででは映像コンテンツとの融合が考えられなかったものにまで及んでいます。

▲ The Ice Book
立体の紙芝居と映像を組み合わせたような作品。スクリーンとなる白い物体が、映像によってドラマティックに変わる様が見て取れる。

 勘違いしてしまいがちですが、プロジェクションマッピングの原理自体は最新技術ではありません。ハード的には映像を投映しているだけにすぎません。そのスクリーンの形状や投映の工夫、それを意識したコンテンツを作ることで高い演出効果を発揮します。
 そもそも映像を従来のスクリーン以外に投映することは、プロジェクターさえ用意できれば、簡単に試せます。そのため、プロジェクションマッピングという名前はないものの、同じような手法で行なってきた事例は多いでしょう。


何故いまプロジェクションマッピングなのか?

▲ Mapping the Guggenheim
NYのグッゲンハイム美術館でのプロジェクションマッピング。曲面であることによって、さらにプロジェクターの台数を必要としていると考えられる。

▲ YouTube Symphony Orchestra Grand Finale Event
建物の内部と外部が連動したプロジェクションマッピング。冒頭の映像から、緻密な計画と相当数の機材が必要なことがうかがいしれる。

▲ A Golden Clock
小さなステージでも、プロジェクションマッピングを加えることで華やかで魅力的なものになっている。

3D技術の進化
 コンテンツ制作においては3D技術の進化も大きな要因でしょう。PCにて正確なシミュレーションができるためにマッピング精度の高いコンテンツを制作する事が可能になり、驚くようなコンテンツを作り出せるようになりました。

 

 

ハードの進化

 ハードに関しては2点あります。1つめの要因はプロジェクターの高輝度化と高解像度化です。明るいプロジェクターの登場により建築物のような大きなものに投影できるようになった事、そして高解像度化による表現力の向上です。
 2つ目は、メディアサーバーとよばれるPCによる、ジオメトリック補正(レンズや設置位置によるコンテンツとスクリーン形状のズレを映像を歪めることで補正する)がプロジェクションマッピングを簡単にしたことが考えられます。

 

 

コンテンツ概念
 プロジェクターなど機器の発達などはもちろんですが、コンテンツにおいては映像を空間的に捉える事が今までの映像コンテンツとは大きく違う事でしょう。
 錯視の考え方や投映されたものの大きさなど、実際の空間においての映像のありよう、映像を物質として感じさせることに重きをおいたコンテンツが鑑賞者に今までとは違った感動を与えています。また人々がPCなどの画面の中にはない、新しい映像の楽しみを求めているのかもしれません。


プロジェクションマッピングの問題点

 現状の制作現場では、様々な要素が絡み合い、それを同時に考慮しなくてはなりません。経験の少ない制作会社の多くが手探りで作業するなか、それらを的確に把握しハンドリングできる人材は不足しています。そのため多くの制作会社が初期段階から連携せざるをえず、時間と費用がかさみ、制作料金が高くなりがちです。
 経験のある制作会社でも制作工程が複雑なためトライアンドエラーが多く、手数が読めないために割高な見積もりになることも少なくありません。現状では、プロジェクションマッピングの専門家が少ないのが実情ですので、下請け会社が介在したり、リスク回避の意味合いもあるでしょう。プロジェクターなどの機材費が、一般的な感覚からすると高額に見え、全体的に割高に感じることも実施にいたらない原因です。プロジェクションマッピングの理解度が低い機材レンタル業者などによる、過剰な設備の提案なども原因のようです。

現状の問題点