アシュラスコープの提供する
プロジェクションマッピングの可能性とは

 「プロジェクションマッピング」と聞くと、建物に映像を大きく投影しているイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 もちろん、それも正解ですが、他にも幅広い使い方と可能性があります。販促やPR、集客など目的に応じた企画からお手伝いいたします。 プロジェクションマッピングでどんなことができるのか?新しいアイデアにお困りの方へ、豊富な実績をもとに、目的・環境別に提案いたします。

 他社では実現できなかった場合も、ぜひ一度お問い合わせください。 実施される環境に合った投影設計と映像制作、機材選定からオペレーションまで、プロジェクションマッピングの全ての工程をお任せください。

・集客のできるイベントのアイデア
・話題性のある建物への映像投影 
・ライブや舞台での演出に 
・テレビ収録のセットに
・目を引くディスプレイ
・店舗や施設の集客アイデア
・新しい広告媒体として
・アート作品の新しい展示方法に

 
ashura_logo

イメージ画像

全国屈指の実績を誇る
アシュラスコープの最先端技術とは

 15年以上前より、プロジェクションマッピングを発案・提唱してまいりました。代表 秋葉哲也が学生時代から研究を続けており、映像を使った空間演出をコンセプトに活動し、プロジェクションマッピングという言葉が確立していない時代から、その可能性を追求しています。

 プロジェクションマッピングの基本概念の特許出願(2005)、「100%DESING TOKYO(2006)」への出展、全編プロジェクションマッピングを使用したライブ演出(2009)など、全国屈指のプロジェクションマッピング実績を誇ります。

 建築・グラフィック・サイン計画・映像・音楽・web・アート活動など、横断的デザインスキルの集大成として、プロジェクションマッピングを更に進化させた独自技術「MEDIARIUM®(メディアリウム)」をブランド化しています。


プロジェクションマッピングに関する
全方位技術力

 アシュラスコープはプロジェクションマッピングがまだ普及していない1998年より開発・制作を行い、投影に関連する特許も出願、取得しています。
 プロジェクションマッピングの仕組みや機材にこだわり、全国対応でプロジェクトを成功に導く技術を持っています。

 

プロジェクションマッピングのための投影技術を開発
特許認定技術・商標登録も所有

<特許>
特許5074616:「コンテンツ表示システム及び方法」
特許5749668:「コンテンツ表示システム及び方法」
USP8985777:「コンテンツ表示システム及び方法」
概要:投影スクリーンを基に作成した画像を使用した投影の調整

特許5465708:「投影システム及び方法」
概要:プロジェクションマッピング実施時のコンテンツの歪みと位置の補正

<商標登録>
 「ASHURASCOPE」及びロゴマーク
 「MEDIARIUM」

超臨場感プロジェクションマッピング
「MEDIARIUM
®(メディアリウム)」

 他社の実施するプロジェクションマッピングと区別するために、当社は高い技術力と優れたクリエイティブ力によって作られるプロジェクションマッピングを独自ブランド化しています。
 従来の一般的なプロジェクションマッピングはもちろん、MEDIARIUMを加えたラインナップでご予算・目的にあった最適なプランを提案しています。

 

機材・コンテンツ・企画演出を
同時にデザインすることで費用対効果をアップ

 短期のイベントから常設設置、テレビの収録や失敗が許されないライブや舞台など、幅広い条件での制作・ディレクションの経験があります。プロジェクションマッピングの機材の選定からスクリーンとなるオブジェクトの設計まで、全行程の経験があるため、時間や費用も効率的に、高度なコンテンツ制作が可能です。

イメージ画像


NEWS

【急募】絵コンテ制作・映像制作補助

プロジェクションマッピングをはじめ、映像・グラフィック・テクノロジーを駆使する、空間デザインプロダクションで一緒に働きませんか?
絵コンテ制作が得意な方、簡単なVコンテ・After Effects操作ができる方歓迎いたします!

・仕事内容:絵コンテ制作を中心に、簡単なVコンテ制作やAfter Effects作業
・勤務形態:インターン・アルバイト・フリーランス(業務委託)
・勤務期間:短期(長期も応相談)、時間は応相談
・勤務地:東新宿駅、新宿三丁目駅より徒歩約8分
・給与:能力や経験による

以下メールアドレスまで必要書類1〜3を添えて応募してください。
info@projectionmapping.biz
1. 履歴書(写真付)
2. 職務経歴書(形式自由)
3.ポートフォリオや、作品を公開しているウェブサイトアドレス


投影技術に関する開放特許のお知らせ

 この度、投影技術についての取得特許を開放することにいたしました。

 当社の投影における技術を、広く皆様に安心してご利用いただけるようにとの思いと、知的創造活動によって生み出されたものを、創作した人の財産として保護するための知的財産権を周知していただくために、公開する運びとなりました。

 プロジェクターを使った投影実施において、調整時間の短縮や、位置合わせ、時間の経過による映像と投影対象(スクリーン・造形物)の不一致をお困りではないでしょうか。運営の負担を軽減し、より効果を発揮するために、当社の特許をぜひご活用ください。
Read More→